お問い合わせはこちら

寺子屋速読教室

LINE公式アカウントはこちら

【接遇5原則 言葉遣い #10】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

こんにちは。

速読インストラクター
心理分析プロファイラー
褒め上手訊き上手の魔法使い
旋風(つむじ)こにやんです。

 

白駒さんの太陽塾から、続きを。

【接遇5原則】

「サービス」と「おもてなし」の違いは?

「サービス」とは万人に向けての最大公約数で

提供すること。

それに対し

「おもてなし」はその人その人への

パーソナルな行為・準備とワタクシは解釈しました。

その「おもてなし」での

お約束それが

【接遇5原則】
1:身だしなみ
2:表情
3:挨拶(先手必勝)
4:態度 ふるまい
5:言葉遣い

今回は5の言葉遣いについて

*敬語を使えない人たちへ*

敬語は小さい頃から身につけさせる・・・

え~~~~?

それって難しいやん(*´ω`)

と思ってたら実はとても簡単らしい。

お子さんがみえる方へ

そしてご家族がいる方へ

まずは試してみましょう。

さぁどんな風にするかというと

ジャン!!

相手を「さん付け」する

以上です。

 

あっもう少し捕捉しましょう。

日本語は

文頭と文末が呼応する。

へっ?なにそれ?

コレ会話にすると分かりやすいです。

つまり相手の方を
「呼び捨てにしない」

ちゃんとした日本語だと

「〇〇さん、こちらへどうぞ」

となるわけで

「〇〇さん、こっちへ来いよ」とはならない

のがちゃんとした日本語

なので

学校から帰ってきた小学生にも

「太郎さん・・・今日の学校はどうでした?」

と話かける。

そうすると日本人のDNAが目覚めるようです。

確かに

うちのカミさんに

「〇〇さん」って呼びかけると

背筋がピンッ!として

「な な なんでしょうか?」

と返ってきます(笑)

ちょっとここで想像しました・・・

というか記憶を辿りました。

子どもの頃、親に叱られてるとき

きっと、だいたい

「呼び捨て!」

子どもは大人に叱られると

その受け取るエネルギーは

普段の16倍で受け取ってしまうんです。

そうすると

子どもの心の中で何が起きるかというと

「恐怖」の大発生

僕が小さい頃

母親に叱られてる時を

思い出すと

何で叱ららてるのかさっぱり分かりませんでした。

恐くてシャッターガラガラって

おろしてちゃったわ。

こういう時こそ

素敵な大人になって

あえて「さん付け」

したら、ちゃんと伝わるんじゃないかな・・・。

あっ脱線しました。

さん付け、することによって

文末が呼応するので自然と敬語になるということ。

では

自分に対しては?

「私」これを「ワタクシ」と発音する。

いやぁ~~やったことないですね。

それを敢えてやってみるとどうなるか?

「ワタクシ 会社に行ってくる」

おかしいーーーーー。

「ワタクシ 会社に行ってまいります」

となるでしょ~~~~。

ということでございます。

さてさて

普段使ってる言葉で

「ごめんねぇ~」「すいませぇぇん」

て使うことありますよね

謝罪の意味合いとしては薄いときでも

これ

*クッション言葉*

というんだそうです。

あぁぁぁぁそうねそう

と膝をポンと叩いてしまいました。

敬語・丁寧語なら

「恐れ入りますが」「お手数かけますが」

という言葉ですね。

次に話す内容へのクッションとなる

結構重要な言葉。

飲食店のおばちゃまが忙しい時なんかに

「ハイ、ゴメンねゴメンね~」

ってやってるアレですな。

***

この言葉の使い方

たまに微妙だなぁ~~~って

感じるのが

クッション言葉的に使ってるのに

「謝る必要ないよ」

って返されるとき。

なんとなく意図を汲み取って欲しいなぁ

スルっと受け流してくれればスムーズに流れるのにって感じたりします。

そんなこんなで今日は

接遇5原則から言葉の遣い方について

書かさせていただきました。

因みに

「遣い」と「使い」の違いは

名詞形に対しては「遣い」
動詞形に対しては「使い」

なんだって。

「遣い」と「使い」

 

次回は「きく」

について書きそうな予感。

さてさて本を速く読むプラス+モロモロの面白いレッスンやってる速読教室は

こちらから↴

面白い速読教室

ではでは今日もついてるついてる1日を

お楽しみください~⤴

旋風(つむじ)でした。

 

 

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、お得な情報を配信中!
下のボタンから登録してください!

この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旋風の部屋 , 2019 All Rights Reserved.