お問い合わせはこちら

寺子屋速読教室

LINE公式アカウントはこちら

【新羅慎二って誰よ?#16】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

おはようございます\(^o^)/
速読インストラクター
心理分析プロファイラー
褒め上手訊き上手の魔法使い
旋風(つむじ)です。

【新羅慎二って誰よ?】

この名前を聞いてピンとくる人は

少ないかもしれませんね。

この方は

湘南乃風の若旦那

の本名です。

この後は「慎二さん」と表記していきますね。

この慎二さんただいま絶賛「武者修行中」

とのことでして。

当日はこんな可愛い看板でてました。

 

そもそもこのLiveに行くきっけは

主催者さんのお兄さん「小柴大地」くんのアメブロからでした。

大地くんには12歳下の妹さんがいて

ひきこまっちゃった妹さんを

湘南乃風のLiveに連れて行ったら・・・
というお話。

これが「泣ける😢」
詳しくはこちらから↴

新羅慎二さんの公演をする理由

そんなプロセスを知ってしまった僕は

「行きたぁい」となり

その話をカミさんにすると

「私の青春時代の歌、湘南乃風!大好き」

となり、とてもスムーズに二人で行くことになりました。
(カミさんが湘南乃風が好きって初めて知った瞬間でもあった・・・。)

【武者修行ツアー】

慎二さん曰く

湘南乃風として大きな会場でやるのも

いいんだけど。

求める姿、カッコいいって感じてる姿、やりたい姿が

この武者修行ツアー。

一人でギター担いで

グーグルマップ頼りに会場に向かい

一人でスピーカー設置したり

一人で物販やって

一人で片付けて

また次の会場に向かう。

これが一番カッコいい姿だと感じてるって。

これを年間で60本、3年半続ける。

最後は竹原ピストルさんなんかと対バンやって

「どうやぁ~~」って感覚を味わいたいんだって。

 

まるで駆け出しののミュージシャン!!!

何万人も動員してきた人

これからも動員できるだろうという人が

こんな武者修行ツアーしちゃうなんて!!

この話を聴いてて自分の中に出てきた言葉は

「原点回帰」

メジャーになればなるほどいろんな規制がかかってしまう。

これはどこの世界でもそうですわな。

【歌作り】

Live中に

谷川俊太郎さんの詞を朗読した慎二さん

湘南乃風の若旦那っていうと

「パーティーピーポー」みたいに

思われるけど、実は

夜中にこんな詩を一人

ウィスキーを飲みながら読んでるんです。

歌を作ることは感情の出口だっって。

それを職業にすると激しい方向にいっちゃって

苦しい思いをしないと歌が作れない。

そんな気持ちとリンクした谷川さんの詞を読み上げてました。

題とかわからないけど

「熱い昼下がりに本当のことなど言えるだろうか」

みたいなフレーズがありました。

こうやって図書館に行って詩集をパラパラしながら

ヒットしたものをスマホとかに収めて来て

夜な夜な詞を眺めては感じてるんだそうです。

でね作りたい歌は「人を許せるような歌」

イヤこれびっくり。

「許せるような歌」ってどんなんやろ?

なんかこれからがとっても楽しみ。

なんか今回のLiveで全般的に感じてたこと

慎二さんもいってたこと

「今を生きる」

とってもシンプルだけど

今を生きてるのか

今そこに「いる」だけなのか?

て感じさせられてそして

「い  る」

といことを改めて感じてそうしよって

感じまくったじかんでした。

Live時間は1時間半だったけど

そこら辺のセミナー行くより

よっぽどいいわぁ。

Live中に歌った歌のYouTube載せときますね。

守るべきもの

いつも最後に歌う歌「札束」

 

Live後に慎二さんのオッカケさんとお話ししてたんですけど

いつもだとスタッフが周りにいて

「こんな風に話せないし写真なんて絶対一緒に撮れないから」って。

最後に

ステキな機会を作ってくれた

「小柴ファミリーありがとうございました♬」

 

 

僕の仕事の応援もよろしくお願いします♬

今を感じる速読教室

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、お得な情報を配信中!
下のボタンから登録してください!

この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旋風の部屋 , 2019 All Rights Reserved.