お問い合わせはこちら

寺子屋速読教室

LINE公式アカウントはこちら

【講談聴いてきました】#35

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

おはようございます\(^o^)/
速読インストラクター
心理分析プロファイラー
褒め上手訊き上手の魔法使い
旋風(つむじ)です。

予定変更って

昨日は年末だと話題になる

あの「赤穂浪士討ち入りの日」

だったんですね。

18時に来客の予定があったのですが

急遽先方のお仕事の都合で延期?になりまして

さてどうしたものか?

と思ってったら・・・

お~~~~講談聴きに行けるじゃん。

なんかいい具合に予定が組まれる(^^)/

というわけで名古屋駅の願王寺という

ビルの9階にあるお寺さんに行ってきました。

久しぶりの高座

「こうざ」って変換すると

1:講座 2:口座 3:高座

今日は3番目の高座です。

「段の高いところから失礼いたします」

というフレーズはここからきてるんでしょうな。

 

エレベーター降りるとこのチラシがありました。

その横には仏像さんがいて「あっお寺だった」と感じさせてくれます。

お寺での講談って?

こんな具合でセットされてました。

 

本堂の真ん前、ご本尊さんを背にして講談てね

なんかスゴイ!

ちなみに「講談社」って

元々、講談のネタ本を発行してた出版社だそうです。

絶滅危惧種より少ない講談師の数

開催された日はハイ

赤穂浪士討ち入りの日12/14でしたが

演目は水戸の黄門さまシリーズ。

赤穂義士のシリーズはやっちゃってたんだって。

あっそうそう落語と同様に

講談にも一門と言うのがありまして

今回は旭堂南左衛門先生一門の会

でございます。

たまたまご縁がありまして

ワタクシも一度だけ南左衛門先生にお稽古つけていただきました。

昨日、聞いてまたお稽古つけてもらおうかな・・・・

なんて感じてしまったのですけど。

以前に南左衛門先生からお聞きしてたのが

プロの講談師として活動をしているのが43名

イリオモテヤマネコの数が107頭

絶滅危惧種より絶滅の危機!!

という状況でした。

最近では「神田松之丞」さんという方が

脚光を浴びてそれこそにわか講談ファンも増えてきたようなので

もっと注目されると嬉しいなぁって感じております。

元々講談師は歴史の先生役でもあったようで

そこで「お師匠さん」といよりは「先生」と呼ばれているそうです。

そうそう

生で講談を聴いたのは

南左衛門先生の「徂徠豆腐」が初めてだったんですけど

これがねねねねねねね

超絶素晴らしかったんです。

「と~ふ~と~ふ~」っていうくだりがあるんですけど

一体どこまで伸びる?っていうくらい

ワンピースのゴムの実でも食べたかってくらい

伸び~~~る。

機会があったらまたお聴きしたいです。

泣いてまった。

旭堂南左衛門先生は大阪で活動されてるのですが

そこへ一門とは違う「一龍齋貞寿いちりゅうさいていじゅ」さんが

お稽古をつけてもらいに大阪まで通ってるそうで

その一龍齋貞寿さんが京都の帰りに

ヒョッコリ途中下車でお寄りになりました。

そうしたら南左衛門先生から一言

「一席やっててよ」といことで

スペシャルなサプライズゲストが

12月14日にちにちなんで

義士伝の中から

「赤垣源蔵・徳利の別れ」をやってくださいました。

討ち入りの前日、源蔵は兄のうちに

ご挨拶にいったものの会えずに帰ります。

その心中の語り

討ち入り後、泉岳寺へ行く途中

兄の下男が隊列の確認にいき

そこでのやりとり。

これがねねねねねねね

クライマックスに行く前に涙が

ポロっ ポロっ とね。

講談聴いてまさか泣くとは思いもせなんだですが

赤穂義士のテーマは「忠君愛国」ではなく

テーマは「別れ」

なんだそうで。

だからこそ人気がず~っと続いてる由縁らしいです。

YouTubeで検索すると

いろんな講談がでてきますので

よかったらどうぞ。

神田松之丞さんはやっぱり聞きやすいですね。

 

講談から感じたもの

講談は落語ほど注目を浴びませんが

歴史は落語より古く

江戸時代では口伝で伝わっていたこともあって

歴史の先生も担っていたようです。

ただ、先に書いたように

絶滅危惧種よりも少ない状況。

もし近くで機会がありましたら

ぜひ一度ご覧になってください。

 

次回

旭堂南左衛門先生一門の会は

新春1月4日 名古屋市東区生涯学習センターで開催です。

 

それでは今日もついてるついてる1日を
お楽しみください~⤴

講談もそのうち、やりそうな教室はこちらから↴
スピーカートレーニングも出来る教室

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、お得な情報を配信中!
下のボタンから登録してください!

この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旋風の部屋 , 2019 All Rights Reserved.