お問い合わせはこちら

寺子屋速読教室

LINE公式アカウントはこちら

【アイドル研究家とお会いしてきました】#49

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

こんばんは\(^o^)/
旋風(つむじ)です。
「ツムツム」って呼んでくれると笑顔で応えるかもしれません(笑)

今日も目が覚めたついてるついてる~⤴
感謝します有難うございます♬

と書きながらもう夜ですね。
まっそれもアリかという感じで投稿が続いてます。

出会いは

先日お話を
きかさせていただいたのは
講師仲間?でもあり
予備校講師であり
また『アイドル研究家』
でもある
永目憲一郎さん。

出会いは数年前の朝活ネットワークでした。
初めて『見た』時から
なんか面白そうなオーラを出してまして
僕から近寄っていきました(o^^o)

そんな
永目くんの(親しみ持ってくん呼びです。)
いろんな事をきかさせていただきました。
どの話も熱量の高いお話しでした。

アイドル研究家

永目くんアイドルの研究家なんです。
私からするとアイドルって
見た目、可愛い、派手、ブリブリ
というイメージを
見事に覆す内容でした。
アイドルそれぞれのストーリーを
ご自身のストーリーと併せて
お話ししてくださいました。
あの学生時代、ちょっと(だいぶ)
落ちてた時にアイドルという存在に
永目クンはアイドル(AKBのMV)を見て
号泣します(T_T)/~~~
なんてステキだ(とは言ってないハズ)
彼女たちの一生懸命さと
今の自分を対比してしまったようです。
アイドルにはアイドルの成長物語がある!!

そう「ストーリー」が永目クンを直撃して
バサッと何かが剥がれたんだろうなって感じました。

人間は一生のうちに逢うべき人に必ず逢える。
しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に。(森信三)

永目クンの時はそれがAKBのMVだった
というだけの事。

名古屋駅のカフェにて。

名古屋に来ての出来事

卒業後、滋賀県で教員をしていた永目クン
ホリエモン好きもあって
いつかは起業しようと思っていたところ
ある方と出会い二人で塾を起業しようとなりました
それが名古屋に来たキッカケでした。

やるぞ~~~(^^)/
と燃えて開業したものの
方向性の違いからなんと
三か月で解散!
残ったものは「ザ・借金」

そこから1年間の極貧生活が始まります




がしかし・・・・
ここでも
人間は一生のうち逢うべき人に逢えます。
午前は岡崎で私学の講師
夜は日進市で塾講師としてバイトの生活が始まります。
元々教師だった永目クン。
スキルがメキメキUPして人気講師になります
(その点は容易に想像できます)
そこで忙しい先輩講師のお手伝いを頼まれたりして
ご飯をおごってもらえるようになりました。
結構それで命を繋げたようです(大袈裟か?)

そんな姿を塾の社長は見逃しませんでした!!
(来たよ出会いその2)
名古屋2年目にして
「社員にならない?」と社長さんに誘われ
快く社員になりました。
(なかなか持ってますね)

教室長(いわゆる店長)になってやったことは。

ここから永目クンの進撃が始まります♬

元々の教室長予定の方が「とび」
永目クンがその役目を引き継ぎます。
そこで起きたのは・・・・・。

すでに在籍していた塾生が27・8人の教室でした
それが1年目になんと97人まで増えたんです!!!

塾経営の採算分岐点を以前、他の方から聞いてましたし
永目クンからもききましたが
その分岐点をよゆ~~~で越してます。
というか超黒字化!!

千種に赴任した当初
教室の雰囲気は殺伐としたもだったそうです。
役割は事務方として赴任したので
保護者対応とか時間割の作成でした。

一方、現場サイドの講師陣は
ほぼ全員名大生。

もうリスペクトの対象でしかなかったようです。
そこで取った作戦が素晴らしい!!

お菓子配り

永目クンがとった作戦は
「お菓子配り」作戦。

人間は甘いものに弱い(笑)
というわけではありません。

講師の先生とより
なかよくなかよしに。
なろうとしただけです。

配ったのはカントリマームとかブラックサンダー
個包装でコストがかからないもの。
ただそこに乗っけたものが気持ち。

先生と1日1回はコミュニケーションを取ろうとした。

1回の会う、会話する時間を長くするよりも
短い会話の時間を回数多く持つ。
それしか思いつかなった。
って話してくれましたけど、これ最強のコミュニケーション術です。

そうこうしてると
教室に活気があふれだし
笑顔も増えだしたそうです。

そうこうしてたら20人程度が97人(最終的には120人ほどになったって)
まで塾生が増えたそうな!!!

やっぱり殺伐としたところより
明るく活気があって楽しい笑顔があふれる所に
人が集まるのは当たり前のことですね。

いったんまとめます。

ず~~~っとお話を聴かせていただいて
永目クンから感じてたことがあります。
それは



永目クンの特徴・気質
「下心感ゼロ!!!」
いやらしさが全くないの。



社長さんに声掛けられたのきっとそう
千種の教室長を任されたのもそう
講師の先生たちともなかよくなかよしになれたのもそう。
純粋にその時の気持ちで接してるんだろなぁって。

続きの話しもあるけど
今日はこの辺で一旦締めます。
また会う約束したからね~~~♬

それでは今夜も
ついてるついてる時間を
お楽しみください~⤴

 

 

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、お得な情報を配信中!
下のボタンから登録してください!

この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旋風の部屋 , 2020 All Rights Reserved.