お問い合わせはこちら

寺子屋速読教室

LINE公式アカウントはこちら

【なんとかなるは、なんとかする】#52

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。
おはようございます\(^o^)/
全世界3億5千800万人の
旋風つむじファンの皆さま♬
4月13日、今日も目が覚めたついてるついてる〜⤴️
感謝しますありがとうございます♬
あっ夜になりました。
最近、流行のzoomをやっててアクシデントに遭遇した時
心はどう動くかという観点で書いてみました。
 

zoomまるけな数日

先週末からzoomでの
連絡、レクチャー、講座を
発信したり、受講したりと
まぁまぁな時間を費やしました。
 
最後の大詰めは
3時間の講座をzoomで
受ける事でした。
一般の受講なら特に気にもしません
ところが今回は主催者側。
(ワタクシこの講座の名古屋での校長先生を務めております)
zoomを初めて使う人に
事前レクチャーしつつ
まだ余り会話した事ない方とは
長めにお話しできたりして
更になかよくなかよしに
なれたりしました。
 
講座の2時間前の直前レクチャーも
スムーズに済んでイザ開始!
 
そこで起きたのは
ミーティングルームに
『入れない!』(>人<;)
え〜⁉️という方が出た!
 
アプリから入りなおしてもらったり
zoomのHPから入ってもろったりしても入れない。
そんな状態を電話でやり取りしながら
講座の開始はオセオセの状況
参加者の出欠確認が
始まりだして
ハッと思いついたのは!♬
 
コレしかない!
メッセンジャーのTV電話で
僕のPC画面を見てもらう。
デジタルな世界を
超絶アナログ対応する方法(笑笑)
そんな対応でもちゃんと
見てもらえて伝わってホッとした
次第です。
もちろん講師さんのエネルギーが
ど~~~んと伝わる方だったのも大きいでしょう。
スマホの中の方が
受講生さん(#^.^#)
そしてその状況を見守り
事務局に伝え了承を取り付けて
くれてたのが教頭先生。
事務局もそれで受講が出来てるならOKとして
くれました。
よかったぁ有難うございました。
(こんな具合です。スマホスタンドがあってよかったぁ)

準備をたくさんしてると・・・

世間で使われる
『なんとかなる』というのは
やる事全部やった上での事だなぁと
『なんとかする』行動があってこそだなと。
今回のzoomミーティングで
改めて感じた次第です。
事前準備のzoomレクチャーを何人かにして
当日も最終チェック的にミーティング開設して
問題なくてさぁ始まるぞ。
そこで起きた不測の事態。
今思うと
ここで2パターンに分かれるんじゃないか?
1つ目は
あれだけやったのに
「なんでここでまた!」と
感じてしまう思ってしまうパターン
この『なんで?』
っていうのが曲者
原因追及しちゃうと前に進まない。
繋がらない理由ばかり探しに行ってしまうパターン
2つ目は
『どうしたら繋げれる?』
といって前に進むパターン。

今回がまさにこれで入り方(アプリなのかHPから入るのか)や
機器(スマホ・PC)を変えるか。
というところからの
ええいっこれでどうだ!?的な発想

『どうしたら?』
が産んだ結果だと想います。
まぁなんとかなって
ホッとしてるというのが実情です(^^)/
有難うございました。

後期

ちなみにzoomも
ここもとの状況でセキュリティ機能が
増えてきてます。
今までと同じで使い易さはあります
それなりの人数と時間を要する
ミーティングの際は是非
ミーティングと同条件での
事前動作確認をオススメします。
それと
本当にzoomが必要?
ということを考えてみましょう。
少人数の短時間だったり
記録もしない、また共有画面(パワポの表示とか)が不要だったりすれば
メッセンジャーとかラインのグループビデオ電話で
充分対応できるはずです。
 
あ〜また今回も勉強になりました
ついてるついてる〜⤴️
受講生さん、事務局の学院長、講師さん、教頭先生
みなさまに感謝です。
これでまたリアルな魔法が増えました\(^o^)/
それでは今宵も
ついてるついてる時間をお楽しみください~⤴
******
対応力や臨機応変な脳に変わりたいなら
こちらの速読教室へ↴

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントでは、お得な情報を配信中!
下のボタンから登録してください!

この記事を書いている人 - WRITER -
旋風(つむじ)
1964年生まれ。会社員生活27年を経て独立。 「こうあるべき・こうあらねば」という頭ガチガチの「ねばべき」社会人が 脱サラして出会ったのは今までとは人種の違う?魅力的な方ばかり 年間300回を超える講演家・全国を旅してまわるセミナー講師・問題や課題を解決解消し願望希望をあっさり叶える魔法使い。 そんな様々なご縁を大切にし。仕事に活かしていく想いで速読教室をはじめ各種講座を開催しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旋風の部屋 , 2020 All Rights Reserved.